2011年11月14日

エッセンシャル・ルール FAQ

日本でもエッセンシャル製品が翻訳されることになったので、エッセンシャル・ルールFAQを翻訳してみました。

元ネタはここから。
Essentials Rules FAQ
http://community.wizards.com/go/thread/view/75882/26090581/4Eessentials_rules_FAQ




これは必ずしもルール上の質問というわけではないが、多くの人々がエッセンシャルについて何のために存在するのか混乱している。
いままでD&Dホームページでみたどれよりも詳しくMike Mearls 氏にインタビューを行った。
もしきみがエッセンシャルが何のためにあるのかを知りたいならば、もしくは、開発者が何を目指してこれを開発したのかを知りたいならば、この記事を読むべきだ。


■これは何?

◯これは、エッセンシャルに関して良く聞かれる項目をまとめたものだ。
特に、エッセンシャルのクラス、伝説の道、神話の運命、エッセンシャル以前のルールやクラスとのルール関連についてである。


■なぜ?

◯多くの人々が、幾つかのエッセンシャル以前のルールやクラスがエッセンシャル製品と混ぜて使えるのかどうかについて混乱しており、同じような質問が繰り返されているからである。


■エッセンシャルはD&D4版と互換性はあるの? どのマニュアルが使えるの?

◯エッセンシャルは4版と同じメカニズムを使用しており、すべてのマニュアルと混ぜて使うことができる。


■4版はアップデートでエッセンシャル製品と同じルールになった?

◯そのとおり。以下に変更点が挙げられている。

http://www.wizards.com/dnd/Article.aspx?x=dnd/4news/essentials

さらに、2つめの変更点は「忘れられた国の勇者」の発売と同時期に発表された。

http://www.wizards.com/dnd/Article.aspx?x=dnd/4news/20101105


これらのドキュメントに関しては(特に2つめのアップデートは)、いくらかの混乱を読んだが、アップデートと考えられる。
最初のドキュメントは「プレビュー」と記述されており、それは2つめのドキュメントも同様である。
しかし、2つめの「プレビュー」のファイル名はこれがルールアップデートであることを示している。ただし、これは依然ルールプレビューと呼ばれており、アップデートのページからは参照されていない。
(訳注:ホビージャパンのアップデートページ http://www.hobbyjapan.co.jp/dd/errata/ ではこれらは「2010年9月『Changes Coming in Essentials』アップデート」「2010年11月『Changes Coming in Essentials, Part2』アップデート」として扱われているためアップデートであると考えて良いと思います)


■エッセンシャルのクラスは今までの4版の職業とくらべてバランスはとれている? エッセンシャルクラスと非エッセンシャルクラスが同じゲームで登場しても大丈夫?

◯キャラクター最適化に関する掲示板のコンセンサスでは、エッセンシャル以前のクラスとエッセンシャルクラスのバランスはとれている、ということになっている。
何人かの人々がそれらを混ぜて遊んでみたが、ほとんど問題点は指摘されていない。私自身の感想は、あるエッセンシャルクラスは以前の同名のクラスに比べてプレイしやすくなっているが、全体としてはバランスはとれていると感じた。


■エッセンシャルキャラクターは以前の4版の同名のクラスのパワーを習得することはできますか? 逆に、以前のクラスはエッセンシャルクラスのパワーを習得できますか?

◯できる。(忘れられた国の勇者, 57ページ)
ただし、タイプ・クラス・レベルが同等のパワーだけが交換できる。
したがって、例えば、ファイターの構えパワーをファイターの無限回パワーと交換したり再訓練したりすることはできない(これは同じ種類のパワーではないためである)。
しかし、エッセンシャルクラスのスレイヤーの汎用パワーの代わりに、武勇の書やその他のファイターの同レベルの汎用パワーを選ぶことはできる。同様に、いくつかのエッセンシャルクラスは遭遇毎パワーや一日毎パワーを持っていないが、その場合はエッセンシャル以前のクラスの遭遇毎パワーや一日毎パワーを選択することはできない。


■エッセンシャルのスレイヤーやナイトは、パワーアタックを他のファイターの遭遇毎パワーに再訓練することはできますか?

◯できない。クラス特徴で得られたパワーを再訓練することはできないからだ。ルールズ・コンペンディウム87ページ参照。


■他のクラス特徴に関してはどう?

◯クラス特徴はエッセンシャルクラスと非エッセンシャルクラスの間で交換したりすることはできない。繰り返すが、交換されるパワーは、クラス、タイプ、レベルが等しくなくてはならず、クラス特徴から得られたものは交換できない。(忘れられた国の勇者, 57ページ)


■ウォープリーストは領域パワー(無限回を含む)を他のソースブックに載っているク
レリックの同タイプ・同レベルのパワーと交換することはできますか?

◯できない。 領域はクラス特徴であり、これによって得られる領域パワーはクラス特徴の一部である。これは、ウォーロックのパクトやキャヴァリアの徳に関しても同様である。


■クリティカルヒットの際にパワーアタックを使用したらどうなりますか? パワーアタックのダイス目は最大化される?

◯これは、狩人の獲物やバックスタブのダイス目と同様に最大化される。
また、1d20の結果がクリティカルヒットであることが判明してから、パワーアタック等のパワーを使用することを決めて良いかどうかに関しては(この掲示板のコンセンサスとしては)できる、ということになっている。


■エッセンシャルキャラクターは他のソースブックに載っている伝説の道や神話の運命を選択することはできますか?

◯できる。ただし、伝説の道や神話の運命の要求条件に合致している必要がある(忘れられた国の勇者,79ページ)。エッセンシャルクラスはその「親」のクラスとして扱われることに注意せよ。例えば、スレイヤーであればファイターであるし、メイジであればウィザードである。


■非エッセンシャルクラスはエッセンシャルクラスのパワーを得ることはできる?

◯この点に関して公式の裁定は出ていない。
しかし、この掲示板のコンセンサスとしては、同じクラス名のクラス、タイプ、レベルのものと置き換えることはできるという解釈になっている。
キャラクタービルダーでも非エッセンシャルパワーとエッセンシャルパワーは区別なく表示される。
したがって、たとえば2レベルエッセンシャルメイジの汎用パワーをPHBウィザードが2レベル汎用パワーとして習得することができるが、無限回パワーのかわりに構えパワーを習得することはできないのだ。
多くのパワー(例えばウィザードのファイヤーボールなど)がアップデートによってエッセンシャルバージョンに変わっていることに注意。


■ヒューマンのキャラクターが種族特徴によって追加の無限回パワーを得るときに、そのクラスに無限回パワーが存在していなかったらどうなるの?

◯この点に関して公式の裁定は出ていない。
しかし、この掲示板のコンセンサスとしては、同じクラス名のクラスの無限回パワーを得ることができるという解釈になっている。
したがって、例えばヒューマンのスレイヤーはプレイヤーハンドブックなどに載っているレベル1ファイター無限回パワーを得ることができる。
ただし、別の構えやローグトリックパワーを得ることはできない。種族特徴は「レベル1無限回攻撃パワーを得る」というものであるため、そのような攻撃パワーでないものを得ることはできないのだ。


■非エッセンシャルクラスは、エッセンシャルの伝説の道や神話の運命を選択することはできますか?

◯この点に関しても公式の裁定は出ていない。
しかし、エッセンシャルクラスが非エッセンシャルの伝説の道や神話の運命を選択することができるのであるから、その逆も可能であると考えるのが妥当だろう。もちろん、その他の前提条件は満たしている必要があるが。ほとんどのエッセンシャルの伝説の道はエッセンシャルキャラクターでなければ満たせない制限が付いていることに注意。例えば、伝説の道「スタルワートナイト」はナイトのみが選択することができる。


■特技に関しては?

◯別のソースブックから特技を取ることに関しては特にルールはなく、前提を満たしていればよい。いくつかの特技は従来の特技の上位互換になっているが、そのうちのいくつかにはアップデートが入っているので、要チェックである。
エッセンシャルのクラスはその「親」のクラスとしてもカウントされることに注意せよ。つまり、メイジはウィザード用の特技を習得することができる。


■どんな特技でもどのレベルでも習得できますか?

◯伝説級特技や神話級特技といった制限は将来削除されるかもしれない。しかし、現時点ではそのようなアップデートは行われていない。


■《武器熟練》は、それが装具としても使える武器だったとしても[武器]攻撃のみに適用されるように変更されました。しかし、種族武器特技などの数多くの特技に関しては、いまだ武器攻撃でも装具攻撃でも適用可能のようです。これらの特技は変更されていますか?

◯現時点では、変更されていない。


■エッセンシャル版のドワーフの底力はでは遭遇毎パワーです。 今までのドワーフ達もエッセンシャル仕様に修正されますか?

◯現時点ではそのようなアップデートは行われていない。しかし、他の状況から考えると、エッセンシャル仕様とする意図があると考えられる。


■エッセンシャル仕様のヒーリングワードは [信仰] キーワードを持っていませんが、これは従来の非エッセンシャル版のヒーリングワードも同様になるという意味でしょうか?

◯これは全くわからない。 今のところこの記述に関するアップデートは全く存在しない。


■エッセンシャルキャラクターはマルチクラスすることが可能ですか?

◯エッセンシャルキャラクターがマルチクラス特技を習得することを阻害する要因は全くない。しかしながら、いくつかのエッセンシャルクラスは、交換するべき一日毎パワーや遭遇毎パワーを持っていないため、パワー交換特技は使えない場合がある。伝説級マルチクラスができるかどうか、そうした場合にどうなるかについては全く不明である。

アップデート:ドラゴンマガジンで特技リストがリリースされ、エッセンシャルキャラクターが今までより良くマルチクラスを行うことができるようになった。これによって、親クラスの遭遇毎パワーを得ることができる。詳しくはこの記事を参照。

http://www.wizards.com/dnd/Article.aspx?x=dnd/dra/201104feats


■非エッセンシャルクラスがエッセンシャルクラスのマルチクラスを行うことは出来ますか?

◯現時点ではできない。基本となるマルチクラス特技が存在しないため、パワー交換特技を使うこともできない。

アップデート: ドラゴンマガジンにおいて、いくつかのエッセンシャルクラスに関するハイブリッドとマルチクラスの記事がリリースされた。 詳しくはこの記事を参照。

http://www.wizards.com/dnd/Article.aspx?x=dnd/dra/201106playtest


■エッセンシャルクラスのハイブリッドクラスを行うことはできますか?

◯いくつかのクラスに関してはできる。(上記参照)


■エッセンシャルクラスは儀式呪文を使用することができますか?

◯ゲームのメカニズムから考えるとできない理由はない。
現時点のエッセンシャルクラスには、《儀式修得者》の特技を最初から持っているものは無く、メイジであっても儀式呪文を使用したければ特技をひとつ費やす必要がある。


■マジックアイテムの一日毎パワーを使用する回数は削除されましたか?

◯そのとおり。2010年11月のアップデートを参照。


■この変更によってアーティフィサーの一日毎パワーを1回多く使える能力などはどのような影響がありますか?

◯良い質問だ。現時点ではそれについては公式からの発表はない。私のオススメの解決法は、アーティフィサーが1日毎アイテムパワーをリチャージできるようにする」のようなハウスルールを使用することである。この変更ならば、プレイヤーがマジックアイテムの一日毎パワーを一回多く使えるという結果としては同じことになる。


■旧来の宝物入手システムを使ってもいい?

◯ 使ってもいい。マジックアイテムの一日毎パワーの使用を制限するルールは、有用な一日毎パワーのある低レベルのマジックアイテムや消耗品を山ほど買って使いまくるというプレイを防ぐためにあった。現在ではそのルールは廃止されてしまっている。
旧来のようなアイテム入手システムを使いたい場合は、マジックアイテムの一日毎パワーの使用を制限する旧来のルールを使うといったハウスルールを使用したほうが良い。


■既に存在する4版のマジックアイテムを新しい宝物入手システムで使用できる?

◯技術的には、エッセンシャル以前のマジックアイテムに希少度が割り当てられるまでは、できない。もし、そうしたいのであればアップデートが行われるまではハウスルールということになる。

以下の記事を参照すること。
http://www.wizards.com/dnd/Article.aspx?x=dnd/4news/essentials

(訳注:ホビージャパンのサイトには、従来のアイテムのコモンとアンコモンの分類が掲載されているので、これを利用すれば希少度が分からないという問題はないと思われます http://www.hobbyjapan.co.jp/dd/errata/update_add.html )


■レアやアンコモンのマジックアイテムをエンチャント・マジック・アイテムやブリュー・ポーションの儀式呪文で生成することはできますか?

◯2010年11月のアップデートによれば、ブリュー・ポーションはコモンのポーションのみを作成できるようになった。奇妙なことにエンチャント・マジック・アイテムに関しては特に記述がないため、レアやアンコモンを作成できるかは謎である。(訳注: 「コモン、アンコモン、レアの魔法のアイテムを5レベル上の“同名の魔法のアイテムのより強力な版”に変えることもできる。」というのは追加されたが、新たに作り出すほうに関してはいまのところ記述されていない。 )


■キャラクターが2レベル以上で作成する場合、3つのマジックアイテムを所有するルールがあります。この3つのアイテムは、コモン・アンコモン・レアのうちどれであるべきでしょうか?

◯現時点では、公式の発表はないので推測するしかない。まあ、レアアイテムはレアなのだろうから、多くても3つのうち1つに留めておくべきだろう。


posted by こてろう at 23:51| Comment(1) | ルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
I’m wanting to build this site when it comes to my own greatest photography company. Additionally reduce page really should be major?. cheap jordan shoes http://www.cheapairjordanshoesonline.com/
Posted by cheap jordan shoes at 2013年07月05日 14:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。