2011年04月03日

2011年3月のアップデート

2011年3月のアップデート
http://www.wizards.com/dnd/Article.aspx?x=dnd/updates
の翻訳。

ウォーロード(クラス・コンペンディウム)の記事に載っていたアップデートが
http://www.wizards.com/DnD/Article.aspx?x=dnd/dra/201103warlord
正式のアップデートになったようなので翻訳しときます。

ウォーロードは「常識的に考えて」処理をしないといけない部分がいくつかあったのですが、これでだいぶ明確化されましたね!


ウォーロードの修正(PHB)

・鼓舞の威風 p.77
一度に1人のウォーロードからの恩恵しか受けることはできない。
・戦術の威風 p.77
そのアクションにおける最初の攻撃ロールにのみボーナスが入る。また、一度に1人のウォーロードからの恩恵しか受けることはできない。
・コマンダーズ・ストライク p.78
攻撃とヒットの欄を効果にまとめる。
・リーフ・オン・ザ・ウィンド p.79
ヒット欄の位置の入れ替えにはフリーアクションを要するようになる。
・スチール・モンスーン p.80
味方のシフトはフリーアクションを要するようになる。
・ターニング・ポイント p.80
ミスの欄にも5マス以内を追加。
・サラウンド・フォー p.81
効果欄の横滑りは最大5マスまでになる。
・ウォーローズ・ラッシュ p.83
ヒット欄とミス欄の移動はフリーアクションを要するようになる。
・オウン・ザ・バトルフィールド p.84
近接範囲爆発10→近接範囲爆発5に変更。敵は”妨害となる地形”に強制移動させられることはない。
・ラビッツ・アンド・ウルヴズ p.85
ヒット欄の味方のシフトは、フリーアクションをを要するようになる。
・ステア・ザ・ホーネッツ・ネスト p.85
ヒット欄から攻撃ロールへのボーナスを削除する。
ダメージロールへのパワーボーナスになる。
ミス時の効果は「すべての」でなく「1人の」に変更。
・デヴァステイティング・チャージ p.86
このパワーで得られるボーナスは「近接基礎攻撃」だけでなく全ての突撃に適用される。
突撃する味方は突撃時に使用者を見ることが出来なければならない。
・ウォーローズ・ドゥーム p.85
このパワーの効果の選択は次のターンではなく、このパワーを使用したときに行う。
・ディファイ・デス p.86
効果欄の「即応・対応として」を削除。味方は、目標の攻撃の直後に1回ぶんの回復力を消費する。
・ボルト・オヴ・ジーニアス p.88
「遭遇毎攻撃パワー」を回復する、に修正。
・名誉と栄光(11レベル) p.87
パワーボーナスに変更
・コントロール・ザ・フィールド p.88
マークされた敵に対する継続ダメージ10(セーヴ終了)に変更。隣接した敵はこのセーヴに対して【魅力】修正値ンペナルティを受ける。
・修練の刃(11レベル) p.87
ミスした攻撃とボーナスを受ける攻撃は同じ重刀剣を使用しなければならない。
・ソードマーシャルのアクション
「遭遇毎攻撃パワー」を回復する、に修正。
・ソードマーシャルズ・ブーン
ただし、ウォーロードの汎用パワーでは発動しない。を追加。

posted by こてろう at 18:09| Comment(0) | アップデート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。