2010年11月10日

2010年11月5日のアップデート「エッセンシャル登場にともなう変化、パート2」

今月のアップデートです。
Changes Coming in Essentials, Part 2
http://www.wizards.com/DnD/Article.aspx?x=dnd/4news/20101105

前回のパート1の時はアップデートなのかが謎だったのですが、やはりこれはアップデートと考えるべきなのでしょう。
マジックアイテムのレアリティが導入されたせいでエンチャント・マジックアイテム儀式が謎の存在になっていたのですが、今回のでだいぶスッキリした気がします。

■■プレイヤーズ・ハンドブック
■ドラゴンボーン
・能力値: +2【魅力】、+2【筋力】または【耐久力】

■ハーフエルフ
・能力値: +2【耐久力】、+2【判断】または【耐久力】
・能力値: +2【耐久力】、+2【判断】または【魅力】
・ハーフエルフの「見よう見まね」のクラス特徴のかわりに、「ナック・フォー・サクセス」のパワーを得ることができる。

ナック・フォー・サクセス ハーフエルフ/種族/汎用
遭遇毎
マイナーアクション 近接爆発5
目標: 使用者または範囲内の味方1体
以下の中のどれかを選択する。
・目標はセービング・スローを1回行う
・目標はフリーアクションとして2マスシフトする。
・目標は次のターンの終了時まで、次の攻撃ロールに+2パワーボーナス。
・目標は次のターンの終了時まで、次のスキル判定に+4パワーボーナス。

■ティーフリング
・能力値: +2【魅力】、+2【耐久力】または【知力】

効果: 使用者は目標を”マーク”する。目標は使用者がこのパワーを異なる目標に使用するか、目標と交戦するのに失敗するまで継続する。1体のクリーチャーをマークできるのは1つのマークのみである。新しいマークが行われた場合はうわがきされる。
 使用者にマークされている目標は、使用者を目標に含まない攻撃の攻撃ロールに-2のペナルティを負う。また、目標は使用者の次のターンの開始時以前に初めて使用者を目標に含まない攻撃を行うと


■ディヴァイン・チャレンジ p.121
効果: 使用者は目標を”マーク”する。目標は使用者がこのパワーを異なる目標に使用するまで継続する。マークは使用者が目標と交戦しなかった場合も終了する。交戦とは隣接してターンを終了する、攻撃するのいずれかを表す。
マークが継続する間、目標は使用者を目標に含まない攻撃を使用者の味方に対して行うと1ラウンドに一度以下のダメージを被る。
ダメージは 3+【魅力】修正値の[光輝]ダメージである。
Level 11: 6+【魅力】修正値の[光輝]ダメージである。
Level 21: 9+【魅力】修正値の[光輝]ダメージである。
特殊:1ターンに1度しか使えない。

※訳注)修正点としては以下の3点です。
・交戦しなかった場合、次のターンにディヴァイン・チャレンジを使えなくなるという罰は廃止されました。
・味方以外に対して攻撃を行った場合には、[光輝]ダメージが入る能力は発動しなくなりました。
・既に他のパラディンによってディヴァイン・チャレンジの対象となっている目標を、自分のディヴァイン・チャレンジで上書きすることが可能となりました。


■ラス・オヴ・ザ・ゴッズ p.124
無名ボーナスをパワー・ボーナスに変更。


■パワー p.226
最初の段落を削除
[一日毎]:の説明のうち
「魔法のアイテムの"[一日毎]のパワー"は一日に1回使用でき、大休憩を1回取るごとに使用回数を回復できる。」
以外の部分をすべて削除。

■魔法のアイテム p.260
最初の文を削除。
※訳注)この2つの修正で「アイテム一日毎パワーを使用できる回数は1日に一回」というルールは廃止されました。これは本来、1日毎パワーのある安いアイテムを大量に買って使いまくることを防止するためのルールだったのですが、アイテムのレアリティのルールが導入されたので要らなくなったのだと思われます。

■アミュレット・オヴ・ヘルス p.250
強化ボーナスの2倍の値の[毒]抵抗を得る。

■ブリュー・ポーション p.312
「ポーション」を「通常のポーションまたはエリクサー」に修正

■ディスエンチャント・マジック・アイテム p.304
コモンは20%、アンコモンは50%、レアは100%の価値のレシディウムになる。

■エンチャント・マジック・アイテム
以下の文を最後に追加
「この儀式を用いて、コモン、アンコモン、レアのアイテムを
5レベル高い、強化されたバージョンのアイテムにアップグレードする
ことができる。儀式構成要素の費用は、アップグレード後のアイテムと元の
アイテムの差額に等しい」


■■フォーゴットンレルム・プレイヤー・ガイド
■ドラウ
・能力値: +2【敏捷】、+2【判断】または【魅力】
・「クラウド・オヴ・ダークネス」と「ダークファイヤー」はキャラクター作成時にどちらかを選ばなければならない。


■■冒険者の宝物庫
■フレイム・ブレイサー   
※このブレイサーの特徴は、近接攻撃による攻撃でなくても発動するようになった。
※一日毎パワーも「武器」キーワードがなくても発動する。

特徴:クリティカルヒットを与えたとき、目標は1d6 [火]ダメージを追加で受ける
レベル13: 1d10 [火] ダメージ
レベル23: 2d6 [火] ダメージ
パワー(一日毎) マイナーアクション。 次に攻撃がヒットしたとき、目標は1d6追加ダメージを受ける。
レベル13: 2d10 [火] ダメージ
レベル23: 3d6 [火] ダメージ


■アイテムの強化
儀式呪文エンチャント・マジック・アイテムは、マジックアイテムを異なるマジックアイテムに変化させることはできない。
たとえば、+1マジック・ロングソードを、+1フレイミング・ロングソードに強化することはできない。同じ種別のより強化ボーナスの高いマジックアイテムへの強化は可能である。


■■プレイヤー・ハンドブック2
■ハーフオーク
・能力値: +2【敏捷】、+2【筋力】または【耐久力】

■ワイルド・シェイプ
・最初の段落の3つ目の文を以下で置き換える。
「野獣形態の間、君は武器や装具を用いた攻撃パワーであり、[野獣形態]キーワードを持たないものを使用することはできないが、そういったパワーを維持することはできる。」
※訳注)元のバージョンは、「攻撃パワーと汎用パワーと特技パワーのうち[野獣形態]キーワードを持たないものを使用することは出来ないが、そういったパワーを維持することはできる。」だったのですが、この変更で汎用パワーと特技パワーが使えるようになりました。


■■プレイヤー・ハンドブック3
■ディヴァイン・チャレンジ(ハイブリッド)
この特徴は以下のように修正される。
君はパラディンのディヴァイン・チャレンジのパワーを得る。このパワーは通常のものと同様に機能するが、与えるダメージは 【魅力】修正値に等しい[光輝]ダメージである。このダメージは 11レベルで 2+【魅力】修正値、21レベルで 4+【魅力】修正値になる。


■■原始の書
■グッド・ベリー p.45
効果の欄、回復するHPの量は5から10に増加する。

■フェイ・サークル p.49
[創造]キーワードは削除、サークルの数は8から10に増加する。


■■冒険者の宝物庫2
■ヒーローズ・アーマー
この鎧はチェインメイルだけでなく、任意の鎧として使用できる。
[回復]キーワードは削除。

パワー(一日毎) フリーアクション。トリガー:アクションポイントを使用したとき
効果:使用者はこの鎧の特性によるすべての防御値へのボーナスを失う。そのかわり、5マス以内の味方ひとりはフリーアクションとして底力を使用できる。

posted by こてろう at 00:43| Comment(5) | アップデート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
誤字だと思いますが、ハーフエルフの能力値ボーナスは
・能力値: +2【耐久力】、+2【判断力】または【魅力】
ですよね
Posted by S at 2010年11月10日 17:06
すいません、ご指摘ありがとうございます!
修正しておきます。
Posted by こてろう隊長 at 2010年11月13日 22:44
はじめまして。
私家版邦訳の公開お疲れ様です。
細かいことですが、「パワー」のところは、(一日毎の項の)「最初の段落」ではなく「最初の文」ではないでしょうか?
Posted by ほしみん at 2010年11月18日 00:47
オメガ ω
Posted by ロレックス at 2013年08月04日 01:07
ファッション通販サイト
Posted by ブレスレット 人気 at 2013年08月04日 11:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。