2010年08月04日

2010年7月7日分のアップデート[ダンジョン・マスターズ・ガイド編]

オリジナルモンスター作成用のルールがアップデートされていましたが、なんとなく気になったので何がどう変わったか表にしてみました。

命中値の部分は、暴れ役と制御役が強化なのかな。砲撃役は*の部分をあわせると近接が弱くなっただけであまり変わっていないと思われます。
ダメージに関しては高レベルになるに従って相当増えてるっぽいですね。
DMG モンスターの作成ルール (DMG p.184)
能力
  遊撃役 暴れ役 兵士役 奇襲役 制御役 砲撃役
イニシアチヴ・ボーナス +2 0 → +2 +2 → +4 +4 → 0 -- --
HP 変更なし
AC
その他の防御値
ACに対する攻撃 5 3 → 5 7 → 5 5 5 7 5*
その他の防御値に対する攻撃 3 1 → 3 3 3 4 → 3 5 3*
*遠隔または遠隔範囲攻撃の場合は+1または+2
**アップデートマエは「複数フクスウのクリーチャーに作用サヨウする攻撃コウゲキ攻撃コウゲキボーナスを2らす」があったが、
  アップデートで削除された(命中据え置きでダメージを減らす方向になった)
ダメージ
レベル 1 6 11 16 21 26 30
アップデート前 1d10+3 1d10+4 2d6+5 2d8+7 3d6+8 3d8+9 3d8+10
(通常ダメージ中)期待値 8.5 9.5 12 16 18.5 22.5 23.5
アップデート後 1d8+4 2d6+7 3d6+9 3d8+11 4d6+15 4d8+16 4d8+20
(単対象のダメージ)期待値 8.5 14 19.5 24.5 29 34 38
Brute25%増し
限定的ダメージは25-50%増し
posted by こてろう at 02:30| Comment(0) | アップデート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。