2010年05月29日

2010年5月6日分のアップデート[武勇の書編]

2010年5月6日分のアップデート 武勇の書
http://www.wizards.com/DnD/Article.aspx?x=dnd/updates


今までのアップデートの歴史
2009/11月分
http://kotednd.seesaa.net/article/134548779.html

2009/12月分
http://kotednd.seesaa.net/article/136493593.html

2010/1月分
変更なし

2010/3月分
変更なし

ホビージャパン
http://www.hobbyjapan.co.jp/dd/errata/




■ティーフリング・ヘルストーカー p.122
闇の怒り(16レベル) Gloom Wrath
以下の文で置き換え
「君が種族パワー、インファーナル・ラスを使用したとき、君はその対象に対して君の次のターンの終了時まで戦術的優位を得る。」


■ウォー・オヴ・アトリオン (ウォーロード攻撃7) p.11
War of Attrition
「鼓舞の威風」の欄の
「ボーナスの値は【魅力】修正値に等しい」を
「ダメージロールへのボーナスの値は【魅力】修正値に等しい」に修正。



■クイックニング・オーダー (ウォーロード汎用22) p.17
Quickening Order
「アクション不要」を「フリー・アクション」に修正。
効果:の欄、「ボーナス」の前に「パワー」を追加。「攻撃ロール」を削除。
※旧バージョンだと朦朧状態の時にも使えてしまった上、効果も強すぎだった。


■バトルロード・オヴ・コード p.29
パス・オヴ・ザ・ストーム (バトルロード・オヴ・コード 攻撃20)
Path of the Storm
・「標準アクション 近接・武器」を「標準アクション 使用者」に修正。
・「効果」の最後の文に「すべての攻撃は異なるクリーチャーに行わなければならない」を追加する。
・[武器]キーワードを削除
※この変更は魅力の高いウォーロードが同じ敵に対して多数回攻撃を行うことを抑制する。


■インファーナル・ストラテジスト p.23
スマイト・オヴ・デヴィルズ・ラック (インファーナル・ストラテジスト 攻撃20)
ヒットの最後の「このアクション・ポイントの消費は、1つの遭遇で通常使用できるアクション・ポイントの上限とは無関係なものとして扱う。」を削除する。


■《狡猾なる不意打ち》 p.133
Cunning Ambusher
利益の欄を以下で置き換え
「君が種族パワー、インファーナル・ラスを戦術的優位を得ている目標に使用したとき、ダメージロールに君の【敏捷力】修正値のボーナスを得る。」


■《収まらぬ怒り》 p.132
Lingering Wrath
利益の欄を以下で置き換え
「君が種族パワー、インファーナル・ラスを君にマークされている敵に使用したとき、その目標が君からのマークから外れるまで君は攻撃ロールに+1のボーナスを得る」


■《怒りの威嚇》 p.132
Rattling Wrath
利益の欄を以下で置き換え
「君が種族パワー、インファーナル・ラスを使用したとき、その目標に対する君の[威嚇]パワーは君の次のターンの終了時まで -2 ではなく -4 のペナルティを与える。


■《たじろがす怒り》 p.137
Unbalancing Wrath
利益の欄を以下で置き換え
「君の種族パワー、インファーナル・ラスの目標は、目標の次のターンの終了時まで君のすべての味方に戦術的優位を与える。」


■《フェイの突撃》 p.144
Fey Charge
利益の最初の部分を「フェイ・ステップによる瞬間移動に置き換えることができる」を「フェイ・ステップを消費することで瞬間移動に置き換えることができる」に修正。
※この修正は、フェイの突撃はフェイ・ステップではなく、フェイ・ステップを使用した際に利益をもたらす特技や特徴を使用することができないことを明確化した。


■《魔の守護者》 p.144
Fiendish Defender
利益を以下の文で置き換える。
「君の種族パワー、インファーナル・ラスは、君にマークされた敵が君を含まない攻撃を君の味方に対して行った場合にも発動させることができる」
posted by こてろう at 03:01| Comment(0) | アップデート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。