2010年04月24日

3次元戦闘について

D&D 4th の ルールはシンプルで分かりやすく、かつ比較的しっかり書いてあるので遊びやすいのですが欠点もあります。
そのひとつが「3次元戦闘に関する記述が少ない」という点。ルールを複雑にしないためにあえてバッサリ省略しているのだと思われます。

しかし、当然ながら3次元的に解決しなければならない疑問がでてくる場合があります。
代表的な質問がこの2つ。
「落ちてくる敵に対して機会攻撃はできるのか?」「爆発1の攻撃って上空何フィートまで届くの?」
これらはルールブックからは断言できないもので、今のところ「DMが決めてくれ」という状態のようです。
今回の話は公式の回答とかそういうのではなく、「そういうルールでやっている人もいる」程度ってことでよろしくっす。
■落ちてくる敵に対して機会攻撃はできるのか?

http://community.wizards.com/go/thread/view/75882/19902714/Falling_gives_OAs

・ルールを書いてある通り厳密に運用しようとすると、自分の移動アクション中に落下したなら機会攻撃を受けることになりそう。
・じゃあ落ちてくるところにファイターが機会攻撃をして、当てたら空中で止まるのか?一旦空中で静止したあと、また落下し始めるのかもしれない。
・面倒だし、強制移動扱いにしといたほうがわかりやすそう。



■爆発1の攻撃って上空何フィートまで届くの?
http://community.wizards.com/go/thread/view/75882/19682482/Bursts_and_the_3rd_Dimension

・これに関するルールはルールブックには書いてなさそう。
・上下方向にも1マス届くってことで、3x3x3マスの範囲ということで良いのでは
・噴射3も3x3x3で良いかな
・小型クリーチャーは高さ1マス、中型・大型クリーチャーは高さ2マスと扱う感じか。
・上空にスコーチングバーストを放つことで、小型種族だけ対象からはずしたりできそうだ。

  小型   中型    大型
         ■   ■■
___■__■__■■___


posted by こてろう at 02:36| Comment(1) | ルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
“重力による移動は強制移動”という解釈は負に落ちるものがありますね。
仮に「落ちてきた敵を斬る」とした場合、待機アクションにするのが良さそうですし。
Posted by Tirthika at 2010年04月24日 10:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。